仕事が暇すぎるときにバレずにできるスキルアップと副業

パラレルキャリア

仕事が暇すぎて辞めたいと思ってもちょっと待ってください。実はチャンスなのです。

どうでも良いことで時間をつぶすよりもお金儲けやスキルアップに使いましょう。

事務職でも現場職でも業務時間中にバレずにできる方法を紹介します。

実は私自身も会社員だったころに仕事が暇すぎて辛いという時期がありました。でもその時間を有効活用したおかげで副業収入を増やしたり資格を取得することができました。

そのとき私が使っていたテクニックを紹介します。

堂々と副業をする方法

気軽に稼げる副業といえばブログです。これを暇すぎる仕事中にやってしまいましょう。

頭の中で全文が書けるようになる

実はブログを書くときに最も時間がかかるのは何をどう書くかを決める時間なのです。実際に執筆する時間というのは全体の2割未満です。

初心者の人はまだそのような感覚ではないかもしれませんが慣れてくればそうなります。ですから内容を決めるという頭の中で出来る作業を暇な仕事中にすれば良いのです。

毎日これを繰り返していれば全文が頭の中で書けるようになります。どんな暇な職場であっても頭は仕事モード、つまりスイッチオンの状態ですから家の中で考えるよりも捗るのです。

頭の中で考えても覚えていられないという人もいるかもしれませんが自宅に帰って書き出すと意外と思い出すものです。

どうしても忘れてしまうという人はトイレにでも行ってこっそりメモしておけば良いのです。スマホのメモ機能でも良いです。キーワードを書いておくだけでもそれが記憶のフックとなりますから簡単に思い出せます。

慣れてくればどんな退屈で暇な仕事でもあっという間に時間が経過します。

簡単に検索エンジンで1位を取れるネタを見つける

ブログで稼げない原因の一つは検索順位が上がらないということです。稼げるキーワードは競合が多いので検索エンジンで上位に表示させることは難しいです。

しかし簡単に上位表示できて稼げるキーワードが存在します。どこにあるかというとあなたの会社の中にあります。

あなたの働いている業界でしか使わないような専門用語や商品名というのは簡単に上位表示できます。なぜなら月間数百万円稼ぐようなブロガーやアフィリエイターでも知らない単語だからです。

仕事で何か調べ物をしたときに役立つサイトが全く出て来ないということはないでしょうか?
個人が10年以上前に作ったような簡易なサイトしか存在しないキーワードはたくさんあります。

確かに検索数は多くありません。しかしそれを調べている人の購買意欲は非常に高いのです。だからお金になりやすいのです。

職場を見回して使えそうなキーワードがないか探してみましょう。仕事で使う資料であれば業務中でも堂々と見ることが出来ますからやりやすいはずです。

視点を変えれば暇な仕事も楽しくなるはずです。

スキルアップをする方法

仕事が暇すぎるときはスキルアップのチャンスでもあります。資格取得や記憶力トレーニングに使うことができます。

カンニングペーパー

資格取得のための勉強をしている人は覚えたいことの一覧をメモにして引き出しの中にでも入れておきましょう。引き出しを開くたびに少し見て、閉じた後に覚えているかを確認するのです。
人間の記憶のメカニズムから考えてもかなり効率的な方法です。参考書をただ読むよりも覚えられます。

仕事ノートと資格ノートを一緒にする

もしあなたが自分の仕事と関係する資格を目指しているなら、仕事のマニュアルを書いたノートやメモ帳に勉強したことを書いてしまいましょう。
私はルーズリーフに仕事のマニュアルと資格の勉強で書いたことを一緒に入れていました。
たまたまお客さんに見られたときに「これくらい勉強熱心だと安心して任せられるよ」と言われました。アピールになることさえあるのです。

記憶力トレーニング

資格取得を目指していない人でも記憶力は高めておいたほうが何かと便利です。ネットで検索すれば分かることでも頭の中に入っていることで創造的なアイデアが生まれます。

記憶力に自信のない人でも鍛えることは可能です。記憶力の大会を取材したアメリカのジャーナリストが毎日20分ほどトレーニングをしたら翌年の大会で優勝してしまったくらいです。

職場で簡単にできるトレーニングは「記憶の神殿」という2000年以上も前からあるテクニックです。自宅や会社など確実に覚えている場所の間取りに覚えたいものを結びつけるという方法です。ストーリーを一緒に作ることも可能です。

ブラインドタッチのトレーニング

事務職であればキーボードのブラインドタッチを練習することもできます。実際にカタカタと打っている怪しまれますからキーボードに手だけ置いて頭の中でイメージトレーニングをします。

海外の大学の研究ではピアノのイメージトレーニングだけ繰り返した人でもその後に少しの実践練習を行えば、毎日練習した人と同じレベルになるという結果もあります。
イメージトレーニングによっても実際に指を動かしたときと同じ脳の領域が活性化されるのです。
ブラインドタッチに限らず趣味のスポーツでも良いので仕事が暇なときはイメージトレーニングをしてみても良いと思います。

自分は暇なのに周りの人は忙しいのは勘違いかもしれない

仕事が暇すぎると悩んでいる人の中には周りの人は忙しいので余計に辛いということもあるかもしれません。

しかしこれはけっこう勘違いであることが多いです。

あなたが暇なときは周りの人も暇なことが多いです。

それでも何らかの仕事をみつけたり、忙しそうなフリをしているだけというパターンがよくあるのです。

ですから周囲の忙しさを気にせず自分の収入やスキルアップに励んで良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました