2020年5月グーグルのコアアップデートで検索順位が下がったサイトと上がったサイト【May 2020 Core Update】

ネットビジネス

2020年5月5日からグーグルがコアアルゴリズムのアップデートを発表しました。
数日かけて行い完了までには2週間ほどかかるようです。

さっそく5月5日から私の運営しているサイトのほぼ全てで検索順位とアクセス数に大幅な影響が出ています。

検索順位が大きく下がったものもあれば上がったものもあります。

サンプル数が少ないので相関関係でしかないのですが参考になればと思います。

そもそもグーグルの検索順位の評価基準は公表されていないのでどれだけ大きなサンプルを取っても因果関係は証明出来ませんが…

検索順位が下がったサイトと上がったサイト

一応ですが検索順位の変化にはそれなりの傾向があります。

検索順位が下がったサイト

今回のアルゴリズムのアップデートにより下がったものはジャンルでいうと医療系と法律の手続きに関わるものです。

数年前からYMYL(お金と生活ジャンル)については厳しくしていくという話だったので仕方ないですね。

心の悩みやお金の手続きに関係するものの順位は大幅に下がっています。
10位以上下がったものもあります。

また恋愛相談や人生相談のようなジャンルも下がっています。

検索順位が上がったサイト

検索順位が上がったサイトのジャンルは科学系とビジネス系です。工業系もですかね。

これらのサイトは理由は分かりませんが検索順位を大幅に上げているものがいくつかあります。
権威性や内容の信憑性は全く関係していません。

10位以降だったものが1位になっていたりします。
しかし検索をかけるたびに変化しますのでまだ定まっていない様子です。

またワードプレスなどのCMSを利用せずにHTMLをベタ打ちで作ったサイトも順位を上げています。

わりと適当に作ったサイトの順位が上がっているような気がするのでちょっと申し訳ない気もします。まあこれがいつまで続くか分かりませんが…

どういう基準に変わったか?

今回のアップデートで変わったと思うことについては以下の通りです。
あくまで自分の運営しているサイトと知人からの話を総合しただけなので断定的なことが言えません。個人的な見解です。

誰のサイトか?が重要になった

検索順位の決定において権威性(E-A-T)は重要な指標の一つです。
何が書いてあるかよりも誰が書いているか?ということです。今回のアップデートでよりその傾向が強くなった気がします。

例えば精神疾患系の話題については特にそれが見えます。
公認心理師やカウンセラーが引用数の多い論文をエビデンスにして書いた数千文字の記事よりも精神科医が書いた数百文字の「きまぐれコラム」みたいな記事のほうが順位が上に来ています。

他のジャンルについても同様のことが言えます。
政府系や大手企業、医療機関が発信しているものに内容では勝っていても順位は負けているものが多いです。

これは過去に経営コンサルティングを行ったついでにウェブサイトの製作もしたお客さんにも確認したのですが同じ傾向です。

何を書いたかよりも誰が書いたかということの重要性はここ数年で上がってきているように思えますがますますそうなっています。

「いかがでしたか?」系の記事が上位に来なくなるのなら良いことだとは思いますが…

医療系の範囲が広がった

かつてウェルク(WELQ)というメディアがでたらめな医療記事を掲載していたことで大問題になりました。
そんなこともあって医療に関する情報は慎重に扱われています。

どんなに正しく素晴らしい内容であってもどこの誰かも分からない人間が数ヶ月前につくった記事が上位にくることはありません。

そしてこの医療ジャンルとして認識される範囲が広がったような気がします。これは今回のアップデートに限らずしばらく前から感じていたことですが。

例えば心理学という大きなジャンルで見た場合に臨床心理学は医療にも含まれます。
反対に恋愛心理学のようなエビデンスが弱いものは同じ心理学でも医療ではありませんから素人が適当に作ったサイトでも上位表示は可能です。
しかし最近ではこれらのお遊びのようなものでも権威性が求められ始めているように思えます。

実際に恋愛心理学のようなポップ心理学と言われる用語でいくつか1位を取っていたキーワードがありますが医師の書いたコラムに順位を抜かされています。
しかもそのコラムのタイトルにさえ含まれていないキーワードでです。

無駄な画像もあったほうが良いのかも

「いかがでしたか?」系のパクリサイトでよくあるh2ごとに関係ないフリー素材の写真を載せてalt属性に単語を入れるという手法があります。

読んでいる側からしたら鬱陶しいと思うのですが関係ない画像でもないよりはあったほうが良いのかもしれません。

むしろ今回のアップデートで画像の価値が上がったのではないかとさえ思います。

最近は画像が全くなしでも1位表示できていたので不要な画像は一切載せずに書いていたのですがそういった記事の順位が落ちているものがあります。

そして上位にには画像が何枚も使われているサイトがきています。

表示速度の遅いものは順位が下がった

ワードプレスのテーマは検索順位に影響しないと言われています。
確かに素晴らしいテーマを使ったからといって上位に表示されることはありません。

しかし順位を落とすテーマというものは確実に存在します。
わりと有名なテーマの中にもあります。

これについても前から思っていたことですが今回のアップデートではっきりとしました。

どれとは言いませんが「もしかして」と思っているならきっとそのテーマです。

おそらく表示速度の問題なのですがもはや爆速が当然のところまで来ているのかもしれません。

変更はせずに放っておく

今回のアップデートによる順位変動について何か対策するのかというと私は何もするつもりはありません。

今までのアップデートも放っておいてしばらくしたら元の順位とアクセス数に戻っているのでしばらくは様子見です。

いくつかのキーワードで1位や2位だったものの順位が10以降に下がったものがあります。
これは作ってからの期間が1年未満のもので多いです。
しかしこれもすぐに戻ると思っています。

というのもそのキーワードで1位に表示されているサイトのタグページが2位に表示されているものがいくつかあるからです。
つまりまだ順位は定まっていないのです。

グーグルも数日かけて行うといっているのですから今の段階の順位やアクセス数に一喜一憂しなくて良いかなと思います。

変更はせずに放っておく

それでも不安な人はBingで検索してみると良いです。

確定的なことはいえませんが過去のアップデートで下がったキーワードもBingで検索したときに上位に来ているものについてはGoogleでもちゃんと戻っていることが多いからです。

もちろん全く異なるアルゴリズムなので関係ないのですが参考にはなります。

上位に表示される顔ぶれは異なりますが自分のサイトの順位が変化していないのであれば数週間は何もせずに待ったほうが良いかもしれません。

私も過去の記事をいじるよりは新しい記事を追加しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました