経営コンサルタントの年収が高い本当の理由

経営コンサルティング

本物の経営コンサルタントの年収は高いです。
理由の一つはそれだけの結果を出している(または顧客にそう思わせている)からです。

しかも何かを仕入れて販売しているわけでもないので基本的な経費も少ないです。
ドン引きするくらいに原価率が低いビジネスです。

しかしそれだけならコンサルティング会社が内部留保として溜め込んでおけば良いはずです。

実は経営コンサルタントの年収が高いのにはもっと大切な理由があるのです。

それはコンサルタントの年収が低かったらその時点で矛盾してしまい立ち行かなくなるからです。

経営を分かっている人間が年収数百万円で雇われる矛盾

私のように中小企業や零細企業を専門に仕事を請けていると自称コンサルティング会社のようなところと遭遇することもあります。

基本的には専属契約しか結びませんがその前段階のコンペのような形式で同じ席につくことがあるのです。

余談ですがコンペでも必ずお金は請求したほうが良いです。
既に決まっている案件の賑やかしで呼ばれる可能性もありますし、そうでなくとも何度も打ち合わせと称して社内失業者の仕事してるフリに付き合わされることがあります。

話が逸れましたが自称コンサルティング会社の自称経営コンサルタントの年収というのはその辺のサラリーマンと変わらなかったりするのです。

これはかなり矛盾した状態です。

なぜならどうすれば儲かる経営が出来るか分かっている人間がたかだか数百万円で他人に雇われるのはおかしいからです。
経営方法が分かるなら自分でやるはずです。

下手するとその会社の社長の年収が1,000万円に満たないようなことさえあります。

それを本人たちに指摘すると一生懸命に言い訳をするのですが論理的な回答が返ってきたことはありません。

ちなみにこれを指摘すると客先の中小企業の社長にはめっちゃ響きます。

なんでそんな単純なことに気づかないの?と思うかもしれませんが人間というのは切羽詰まったときは冷静な判断力を失うものです。
特に経営者は孤独ですから外部に相談できる人を求めがちなのです。

就職活動中の学生は気をつけて

経営コンサルタントの年収が高い理由が分かっていただけたでしょうか?

高い給料を貰っていれば「儲かる方法が分かるなら自分で経営しないの?」という突っ込みに「経営しなくても高い給料を貰えるなら楽なほうを選ぶでしょ」と答えられるということです。

就職活動中の学生さんはコンサルティング会社に入りたいならきちんと選びましょう。

最初の数年は勉強期間だから給料が低くても仕方ないと思うかもしれませんが、新卒にもそれなりの給料を出せないコンサルティング会社で学べることなどほとんどありません。

というより最初の数年を勉強期間と考えるような人はコンサルタントには向いていないと思います。

名刺に「経営コンサルタント」と書いてあるのに新規開拓の営業ばかりしている自称コンサルタントにならないように気をつけましょう。

私は経営コンサルティングの仕事を開始してから一度も営業活動をしたことはありません。それをやった時点でこの仕事は畳むべきとさえ思っています。

タイトルとURLをコピーしました